2018.01.10

女性の40代は髪の曲がり角!更年期と髪の悩みについて

女性の40代は髪の曲がり角!更年期と髪の悩みについて

女性ホルモンの急激な減少で、髪が抜けたり細くなったりします。

女性の更年期には、さまざまな症状が現れますが、髪の毛もトラブルもそのひとつです。更年期を迎える40代くらいから女性ホルモンの分泌量が急激に減るため、相対的に男性ホルモンの割合が増えます。そのため、男性と同じように前頭部から頭頂部にかけて毛が細くなり始め、50~60代になると薄くなって頭皮が見えるようになります。
髪の毛がやせて細くなるのもこの時期です。太くて硬い毛が少なくなり、全体的な本数も減ってきます。更年期を迎える女性の40代は、いわば「髪の毛の曲がり角」と言えるでしょう。

血流の悪化やストレスなど髪に良くない要因が増加

女性の更年期には、さまざまな症状が現れますが、髪の毛もトラブルもそのひとつです。更年期を迎える40代くらいから女性ホルモンの分泌量が急激に減るため、相対的に男性ホルモンの割合が増えます。そのため、男性と同じように前頭部から頭頂部にかけて毛が細くなり始め、50~60代になると薄くなって頭皮が見えるようになります。
髪の毛がやせて細くなるのもこの時期です。太くて硬い毛が少なくなり、全体的な本数も減ってきます。更年期を迎える女性の40代は、いわば「髪の毛の曲がり角」と言えるでしょう。

洗浄力の強いシャンプーは避け、回数も減らしましょう

髪に良くない条件が重なる更年期こそ、正しいヘアケアに気を配ることが重要です。更年期障害は時期が来れば治まりますが、症状が治まったからといって髪が元通りになるというわけではありません。従って、正しいヘアケアで更年期による髪のダメージを最小限に抑えることが重要です。
更年期のヘアケアで気をつけたいのは、シャンプー選びと回数です。女性は40歳を過ぎると頭皮の皮脂の分泌量が減少していくため、洗浄力の強いシャンプーは避けましょう。シャンプーの使用回数もなるべく減らすことをおすすめします。2、3日に1回の戦場でも構いません。植物性の保湿成分配合のシャンプーもよいでしょう。

更年期のヘアケアポイント

◎洗浄力の強いシャンプーは避ける
◎シャンプーの使用回数を減らす
◎頭皮や髪にうるおいを補給する
◎育毛剤で毛根に栄養を与える
◎ウィッグや刺激の少ないパーマで悩みをカバー

更年期の髪のトラブルには育毛剤によるケアも効果的

頭皮の乾燥が気になる場合は、保湿成分であるスクワランやセラミドを含む頭皮エッセンスなどで、頭皮に潤いを与えるのもいいでしょう。
育毛剤の使用も効果的です。育毛剤で毛根にたっぷり栄養を与えることで、更年期の抜け毛や発育不良といったトラブルを最小限にとどめることができます。育毛剤のケアをしっかりすることで、更年期後に随分差が出てきます。どうしても薄毛の悩みがストレスになるようならば、ウイッグの着用や刺激の少ないパーマで精神的な安定を図るのもひとつの方法です。

育毛専門医 桑名博士
1954年高知県生まれ。名古屋大学医学部卒。医学博士。
シャーレ内での毛包細胞培養に成功後、各種育毛剤を開発する。皮膚科部長を務めた高知赤十字病院時代は日本でも珍しい「育毛外来」を開設。現在は桑名皮フ科院長。日本医学育毛協会理事、日本臨床毛髪学会評議員。