2017.10.18

薄毛のサイン?髪と頭皮の変化をキャッチしましょう

薄毛のサイン?髪と頭皮の変化をキャッチしましょう

これから寒くなっていく季節。
あなたの髪や頭皮のコンディションはいかがですか?
今の自分の髪や頭皮の状態をよく知って、しっかりとお手入れを続けていきましょう。

頭皮がべたつく

洗髪をしっかり行いましょう。
皮脂の分泌が過剰になっています。べたつきを取るには、やや時間をかけてしっかり洗髪することが第一。毛穴に詰った皮脂を、指でもみだすようにやさしくマッサージしながら洗いましょう。

頭皮がカサつく・フケが出る

育毛剤で頭皮の保湿を心がけて。
乾燥が進んでいます。洗髪の回数を減らして、育毛剤などで保湿しましょう。熱いお湯での洗髪も厳禁です。フケが出ているならば、普段よりていねいに洗髪して、拭けをきちんと洗い流すようにします。

頭皮が硬くなっている

マッサージやストレッチで血行促進。
頭皮が硬いのは、血行が悪くなっている証拠。血行が悪いと毛根に栄養が届きにくく、 元気な髪が育ちません。頭皮をやわらかくして血行をよくするマッサージを行いましょう。 またストレッチなど適度な運動で全身の血行をよくすることも大切です。 筋肉をほぐしてリラックスさせるので、血行不良の一因であるストレスも解消します。

髪がパサつく

トリートメントを習慣づけましょう。
空気の乾燥やドライヤーの使い過ぎ、ヘアカラーなどによって髪のキューティクルが傷むと、髪にうるおいが不足してパサつきます。シャンプー後にトリートメントをしっかり行ってキューティクルを整え、パサつきを改善しましょう。パサつきがひどい場合は、ホットタオルを利用したトリートメントパックも効果的です。

前髪がやせてきた

髪によくない生活習慣の見直しを。
前髪は側頭部や後頭部に比べ、栄養が届きにくい部分です。ここの髪が細くやせてきたら薄毛の始まり。 パーマやヘアカラーのし過ぎ、不規則な生活といった髪によくない生活習慣を、できるだけ見直すこと が肝心です。

細い髪が抜ける

体の中と外からの栄養補給が大事。
抜け毛対策には、体の中と外からの栄養補給が重要です。髪をつくるもととなる良質のたんぱく質を、 毎日の食事でバランスよく摂取し、外からは育毛剤でしっかり栄養を補給してあげましょう。

 

育毛専門医 桑名博士
1954年高知県生まれ。名古屋大学医学部卒。医学博士。
シャーレ内での毛包細胞培養に成功後、各種育毛剤を開発する。皮膚科部長を務めた高知赤十字病院時代は日本でも珍しい「育毛外来」を開設。現在は桑名皮フ科院長。日本医学育毛協会理事、日本臨床毛髪学会評議員。